So-net無料ブログ作成

車検整備② プラグ交換 ekワゴン [ekワゴン]

またまた、最近続いてますがekワゴンの整備記録になります。

走行6万キロのekワゴン
整備記録を見ても点火プラグの交換記録がありません。
ハイエースは標準で10万キロ耐久の白金プラグですがEKワゴンは一般のプラグですので交換することにしました。

交換したのはDENSOのプラチナプラグです
プラグメーカーにはDENSO NGK チャンピオンなどいろいろありますが、やはりトヨタ系列の安心なDENSO製にしました

DENSOのイリジウムシリーズにしようと思いましたが、10万キロ交換不要の長寿命タイプ イリジウムタフにしました。


でもよく考えたら、10万キロも走らないのでタフじゃなくても良かったかなぁとも思います。
無題.png
無題w.png
さぁ、作業に入りましょう
プラグの脱着にはエアクリーナーBOXが邪魔なので、BOXを外します。
赤丸の2つのパーツですね
CIMG2062_R.JPG
これは10㎜のレンチがれば簡単に外せます。
先ずは左側から外し
CIMG2063_R.JPG
エアクリーナーボックスもネジ3本とエアインテークの根元のバンド1本を緩め、エアクリーナごとボックスを外します。
CIMG2063_R.JPG
これでプラグを外すことが可能です。
プラグを外す前にイグニッションコイルを外します。古い車はデストリビューター(いわゆるデスビ)がついてましたが、今は1気筒にひとつこのコイルがついてます
CIMG2066_R.JPG
赤丸の部品がイグニッションコイルでこれを外しますが、青い四角のコネクターを外しておきます。コネクターは爪を押さえて引くとすぐ外れます。
黄色い四角のボルト2本を外せばイグニッションコイルは上に引くだけで外せます。
プラグホールはこんな風になってます
CIMG2067_R.JPG
CIMG2073_R.JPG
三菱製のエンジン、プラグホールがえらく狭くなってまして、通常のプラグレンチ(ソケット)ではプラグを捕まえることが出来ず、急きょ工具屋へ走り、三菱専用ソケット850円を購入しました。
P_20180923_095522_R.jpg
P_20180923_095527_R.jpg
通常の薄口ソケットでは入らないんですけど、これなら入るんですよね。
アストロプロダクツやストレート しょぼいオリジナル工具売ってますが、サンデーメカに使うには必要十分ですね。

外したプラグと新品プラグの比較です
P_20180923_095815_R.jpg
一般プラグで少しちびてますね。この状態を見ると6万キロ無交換じゃないですね。
焼け具合もこんな感じ
P_20180923_105835_R.jpg
P_20180923_105927_R.jpg
ちびてるけど、まだまだ交換はよかったかなぁという感じ。

この車、エンジンオイル注入口から見ても見てもスラッジもなく、なかなか程度がいいんですよね。
しかし、良いおもちゃができました

交換後は鈍感な嫁が気づくほど加速がUPしました。特に登り坂ですね。
交換後燃費計測したら17キロも走ってました…。

カタログ燃費が20キロなのでまずまずですね。
しかし、ハイエースの街乗り燃費は5~6キロなのでお財布には優しいです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。